たのしい音楽依存

音楽に依存し過ぎる人の末路ブログ

CD音源 A級セレクション その02 ~クラシック系名門レーベルのチャレンジングな協奏曲 (聴感ポエム評価強化) ~

はじめに

A級の音はA級のCDから!

オーディオ・マニア必読!?の画期的CDガイドwww

 

f:id:yasudonok:20170617212526p:plain

 第ニ回目です。

個人的に月間100枚以上のCDをリッピングしているので、せっかくだから以下のようなコンセプトでA級のCDをセレクションしていこうかなと思った次第です。

  • 各種計測結果が良いもの
  • 聴感が良いもの ※個人のポエムです
  • 上記を抜きにしても、特に紹介したいもの

趣旨は前回を参考にしていただくとして。

 

yasudonok.hatenablog.com

 ところで…

「音質は、計測値では決まらない」
「必要なのは、耳♪」
「自分の耳で音楽を聴いているか?」
「波形見て喜ぶ人の気持ちがよくわからない」

 

という感じで、世の中の心無いオーディオ好きにdisられるケースが随分あります。そういう人達に限って、高級オーディオ機器をインテリアにして、ツイッターに写真上げて喜んでたり… 羨ましいかぎりですが、それは耳で聴けますのー?、いいんですよー、楽しみ方は人それぞれですよー。だから僕の楽しみ方も許してねー。

 

聴感ポエムの評価を再考してみるテスト (バージョン0.5)

 

まあたしかに、計測値がよくて波形が綺麗でも、あまり感動しないCDもありますよね。というわけで今回、聴感ポエムの部分をもう少し客観的に評価できる施策がないか検討してみました。

 

で、見つけたのがこの論文。

音楽聴取における「感動」の評価要因
http://www.nhk.or.jp/strl/publica/rd/rd126/PDF/P58-69.pdf

要約 人の好みや感性を考慮して音響システムを評価するために,体験のすばらしさを表現するときにしばしば用いられる「感動」という言葉を用いて評価尺度を検討した。我々は,これまでに心理実験を行って感動を表現する言葉 (以下、感動語) を分類し, 感動という言葉で表現される心理状態が一意ではないことを示した。本稿では、分類した感動語から感動評価尺度を作成し,音楽聴取における感動を評価させた。[以下、略]

 

 感動語はこんな感じ (上記pdfからの流用) 。

f:id:yasudonok:20170617215901p:plain

 

f:id:yasudonok:20170617220722p:plain

 

うーむ、僕みたいな「頭のあんまりよくないヤツ」には難しいなあ。もっと簡単にならんか。あれですよ、コーヒー豆の評価みたいな。

  1. 香り ☆☆☆ 
  2. コク ☆
  3. 酸味 ☆☆ 

 

で、感動語を少し加工してみます。わかりやすい語句に置換など。

☆は50個になりました。とりあえず合計もしてみようかなと。

 f:id:yasudonok:20170617233110p:plain

 

それではやっと本題に…(前振り長いよ)

 

今回のアルバム

 第ニ回目はクラシック音楽の名門、ドイツ・グラモフォンというレコードレーベルから、珍しいアコーディオンの協奏曲をセレクト。

 

カルメン

カルメン

 

 

メディア掲載レビューほか

クセーニャ・シドロワ「カルメン-情熱のアコーディオン」 | UCCG-1760

激しい恋の炎、移り気で危険な女カルメンをアコーディオンが異国情緒豊かに歌い上げる! 女性アコーディオン奏者クセーニャ・シドロワのドイツ・グラモフォンへのデビュー・アルバムは、情熱の象徴とも言える“カルメン”からの音楽。 (C)RS

 

聴感ポエム

さっそく評価シート使ってみましたよ。ちなみに★は40/50も取りました。

f:id:yasudonok:20170617234950p:plain

 
ビゼー作曲のオペラ、カルメン。僕の一番好きなオペラです。基本的に捨て曲なしなんです。ハバネラ「恋は野の鳥」、闘牛士の歌など…これらをかなり大胆なアレンジしております。
 
一曲目のハバネラなんて、完全にアルゼンチン・タンゴですよこれ。
 
本来、協奏曲というのはオーケストラをバックにヴァイオリンやピアノなどが歌うように演奏する形式なのですが、これは協奏曲という型のいい破り方です。オケ楽器のほかに、ギターなども登場します。打楽器も混ざったりします。しっとりと聴かす曲もあります。全体的にいい音色です。楽しいです。
 
葉加瀬太郎なんか好きな人は、絶対ハマると思うわ。
 
クセーニャ・シドロワさん、以前クラシック番組でお見かけしたときは、現代作曲家のかなり難解なアコーディオン協奏曲をやっていて、個人的にあまりピンと来ていなかったのですが、これはかなり良い聴感評価ポエムとあいなりました。
 
ついカッとなって、別のアルバムも注文しちゃったわ…
 
 
 

DR

いつものもやっときますよ。

今回のアルバムの平均DR:13

f:id:yasudonok:20170618003705p:plain

 
 

波形

アルバム全体のピークを考えて、少し音量が小さめですかね。

まあ、クラシックのCDはだいたいこんな波形です。

 f:id:yasudonok:20170618003831p:plain

 

スペアナ・ピークホールド

今回のアルバムは、色んな帯域の楽器がバランスよく含まれているような各周波数のピークです。

f:id:yasudonok:20170618004243p:plain

 

平均ラウドネス

今回のアルバムの平均ラウドネス値 I : -21.4 LUFS

f:id:yasudonok:20170618005325p:plain

 

クラシックのアルバムはたいていこんな感じですが、最近のポップスなどの平均ラウドネス値に比べるとかなり小さい値です。それらと混在させて聴く場合には、ノーマライズが必要になります。

 

 まとめ

クセーニャ・シドロワ/カルメン-情熱のアコーディオン

品番:UCCG-1760

発売日:2017/01/11

DR:13

クリッピング:なし

平均ラウドネス値:-21.4 LUFS


どうでしたでしょうか。今後も洋々なジャンルで定例化していきたいと思います。

それでは、ばいばいまーん。

 

CD音源 A級セレクション その01 ~第一回目は「沈黙の次に美しい音」が売りのあのレーベルからのセレクト~

はじめに

A級の音はA級のCDから!

オーディオ・マニア必読の画期的CDガイドwww

 

はい、コンセプトは↓の丸パクリです、ご清聴ありがとうございました。

 

個人的に月間100枚以上のCDをリッピングしているので、せっかくだから以下のようなコンセプトでA級のCDをセレクションしていこうかなと思った次第です。

  • 各種計測結果が良いもの
  • 聴感が良いもの ※個人のポエムです
  • 上記を抜きにしても、特に紹介したいもの

 

第一回目

 第一回目は「沈黙の次に美しい音」が売りという、上記本でも常連のECMというレーベルから、エレキとアコースティックギターの競演アルバムをセレクト。

ファイヴ・イヤーズ・レイター

ファイヴ・イヤーズ・レイター

 
メディア掲載レビューほか

1976年の名盤『サーガッソーの海』から約5年を経て、ECMを代表する2大ギタリストが再会。ジョン・アバークロンビーの奏でる千変万化のエレクトリック・ギター、ラルフ・タウナーのつまびく澄み切ったアコースティック・ギターの音色が絡み合い、語らい、どこまでも深い音世界を紡ぐ。 (C)RS

品番

UCCU-5744

DR

foobar2000プラグインにて計測。

 今回のアルバムの平均DR:14

 

最近のジャズアルバムはDR9~10前後が多い中、かなりダイナミックレンジが広大な部類だと思いますです、はい。

f:id:yasudonok:20170604083421p:plain

 

ちなみに、DRの詳細を知りたい方は、以前のブログを参照してください。 yasudonok.hatenablog.com

波形

フリーソフトAudacityでアルバム全体の音の大きさを解析したもの。赤い線はピークに達したということです。これが3サンプル以上続くことを「クリッピング」としています。ちなみに、ピークがずっと張り付くと、所謂「海苔音源」と呼ばれるような、ノッペリとした、押しの強い音になります。

 

今回のアルバムは、丁寧にピークに収まるように処理されており、クリッピングもなく、良好なマスタリングだと思います。

f:id:yasudonok:20170604083556p:plain

 

スペアナ・ピークホールド

WaveSpectra というフリーソフトで、アルバム全体の各周波数ピークを計測しました。長岡鉄男氏のスペアナ風で、アルバムの中で少なくとも一回はそのピークに達したということになります。長岡鉄男氏も上記書籍で述べていますが、「20~40Hzのレベルが高いものはウーファーがしっかりしていないと再生困難」「5kHz以上の音のレベルが特に高いものはトゥイーターに負担がかかる」「富士山型か、右方向に滑り切る滑り台型が本来の形」「右側が降り切ってないものはハイ上がりな聴感」「中低域がフラットでピークが感じられないものはリミッターがかかっている可能性」とのことです。

 

今回のアルバムは、綺麗な富士山型でした。

f:id:yasudonok:20170604084134p:plain

 

平均ラウドネス

音の大きさの平均値です。フリーソフトffmpeg の ebur128オプションで、アルバム全体の 平均ラウドネス値 を測定しました。

  • LUFSはdBと考えて差し支えなし
  • 0.0 LUFSが最大音量
  • 欧州のテレビは-23.0 LUFS、アメリカと日本は-24.0 LUFSと規定
  • iTunesサブスクリプション配信などでも規定あり

 

あるマスタリングエンジニアの方は、-16.0 LUFS以下にするのがよいのでは、仰っていましたが、残念ながら最近のJ-Popはそれ以上のものが大半で、子供の耳が心配です。

 

 今回のアルバムの平均ラウドネス値 I : -20.7 LUFS
音楽データとしては適切だと考えます。 

f:id:yasudonok:20170604084535p:plain  

 

聴感ポエム

 
1曲目、かなりチャレンジングな音作り。録音時に敢えて歪ませた音がダイレクトに感じられます。ギターってこんな音もでるのかーと驚きました。6曲目、DR15のジャグラーズ・エチュードという曲、左からクラシック、右から6弦アコースティックな構成です。自分も数多くのギターデュオを聴いてきましたが、これほど美麗でダイナミックな演奏空間を感じられる曲は稀有だと感じました。「沈黙の次に美しい音」というECMの看板に偽りなし、というところでしょうか。
 

 まとめ

ジョン・アバークロンビー/ファイヴ・イヤーズ・レイター

品番:UCCU-5744

発売日:2016/10/26

DR:14

クリッピング:なし

平均ラウドネス値:-20.7 LUFS


どうでしたでしょうか。今後も洋々なジャンルで定例化していきたいと思います。

それでは、ばいばいまーん。

1万枚のアルバムデータをNASに保有する僕が語る、CDをデータ化する前に注意したい4つのこと

GW真っ盛りですね。

僕は年末~春頃まで長期出張やら転勤やらでバタバタしてまして。

ブログもめっきり滞りがちでしたよ。

 

引っ越しでお金使い過ぎたので「GW≒引きこもり」です。

しょぼん…

引きこもり・登校拒否のイラスト

 

そしたら以下のブログが目に入りましたよ。

 

japanese.engadget.com

 

あ~わかる。

それ10年前くらいの僕もCDデータ化に試行錯誤してました。まあ、今もしているんですが。それに、カラヤン交響曲全集も持ってました。懐かしい。

それから10年の間、雨の日も風の日も健やかなる時も病める時も、年間1,000枚ペースでデータ化の日々。かなり苦行。ネットレンタル借りまくり 。※著作権料払っているのでレンタルCDデータ化合法です

 

1万曲じゃないですよ。アルバム1万枚分NASに格納してんですよ。頭おかしいと自分でも思ってますよ。それゆえ、紆余曲折や後悔も数多い。

 

上のブログをみて、「GW暇だし、よーしパパいっちょCDデータ化やったるかー」、などと考えているおめでたい人がいると思いますが、僕のように後悔しないためにも、注意しなければならないことを4つほど上げておきます。

 

CDの型番 (規格品番) を明記しておくこと

 これ、絶対やっておいてください。こんなやつです。

f:id:yasudonok:20170504044722j:plain

 

これを実施せずにCDを処分してしまうと、後に泣きをみます。なぜかというと、「同じタイトルのアルバムでも、初回盤、廉価盤、リマスターなど、データの内容が変わっている場合がある」からです。

ちなみに、僕の大滝詠一CDデータフォルダ、こんな感じ。

f:id:yasudonok:20170504055727j:plain

データ化する際にフォルダ名や、アルバム名、他のタグ情報なんかに記載しておくことを強くお勧めします。

 

規格品番 - Wikipedia

 

ちなみに規格品番でググると、アルバムの曲名やジャケット画像などもヒットしますよ。

 

 

CDはなるべく捨てないこと

私も「断捨離」という名の元にだいぶ捨ててしまいました。そして今、かなり後悔しています。捨てないで置いておきたい理由は以下です。

・CD自体がバックアップとなる。データ化した先の媒体が壊れた時のための保険。

・財産になる。一部のCDにプレミア。大瀧詠一、昔のアイドルCDの一部など。

 

でもね、CD嵩張るのですよね。超ジャマ。先日の引っ越しでもえらい目にあいましたよ。

 

で、省スペースCDラック導入してみました。いい感じです。

 CDを1軍、2軍、3軍に分け、CDラックに収納。1軍を目の高さあたり、2軍を上下にという感じで整理整頓してみてはいかがでしょうか。見違えますよ。ディスプレイしてよし、取り出して聴くによし。僕はスペースの関係で924枚の奴にしましたけど、1668枚収納が欲しかった。

 

3軍は専用ケースで格納しておくと、移動などが楽です。 

 

こまめにバックアップを取ること

以下、3回復唱してください。

・こまめセーブはRPGの基本です。

・データ格納先の「ハードディスク・メモリ」は消耗品です。

・データ格納先の「ハードディスク・メモリ」は必ず壊れます。

 

日本全体が被災 (破局的噴火など) じゃなければデータは守られそうな、そんな僕の対策はこんな感じ。

・SynologyのNASによるHDD冗長化

・音楽PCのHDDに同じデータをコピー

・実家のSynologyのNASとインターネット間で連携バックアップ

 

 Synology売れ筋のこっちの機種でもできると思いますので、初めから2台NASを買っておくのもありかも。

 

ちなみにGoogle Music  にもアップロードしているのですが、曲数などの制約や、圧縮されてしまう、大量に登録すると操作が重い、タグが意味不明になる、などの理由で今は放置しています。

 

この辺、また機会があるときにでも詳しく。

 

なるべくセキュアにリッピングすること

CDからデータをPCに格納することを「リッピング」といいます。セキュアにリッピング、まあ、CDに格納されているデータをそのまま同じ内容で取り込む、ということなんですが、音質などにあまり拘らないなら対策は不要です。

 

目安としては、イヤホンに3万以上使ったことのある音質コダワリ派の人は、今すぐiTunesの使用をやめて、専用のセキュアリッパーソフトを使ってください。光学DVDドライブは安いのでいいです。某メーカーの〇〇〇リードドライブはほぼ役に立たない感じです。iTunesで取り込んでいたら、CD読み込みエラー発生時に途中で勝手に飛ばしたりしてました。

 

この辺も、また次回の講釈で。やり方はググれば…(他力本願)

 

最後に

これで心置きなく、ガンガンCDをデータ化しちゃいましょう。僕がさっきデータ化した、おすすめCDなんかも紹介しておきます。

 

それでは、ばいばいまーん。

今年聴いた、音が良かったと思うアルバム

年の瀬です。今年もお世話になりました。

 

ツイッターでこんなタグつけて、アルバム評価の真似事みたいなことをやってます。

#DR解析 hashtag on Twitter

yasudonok.hatenablog.com

先日、

 

とつぶやいたところ、「そのDR11以上の音源を教えて下さい、 興味が湧いてきました」と仰る方がいらっしゃいました。そこで、今年発売された「DR10以上で個人的に音の良かったと思うアルバム」をまとめてみました。

 

クラシック

 

 

 

ジャズ

 

 

その他

 

 

まとめ

今年発売された「DR10以上で個人的に音の良かったと思うアルバム」は、こんな感じでした。

 

クラジャズばかりなのが残念です。J-Popも結構解析したのですが、個人的に酷い音ばかりで・・・DR10を超えているものが一つもない。

 

J-PopのDR解析のつぶやきでもう「ズンドコ」言いたくないんです、はい。

誰が殺した、ダイナミックレンジ・・・

 

結局、中古CDに走ってしまうわけです。まあ、それも楽しいですが。

 

古くても新しくてもいいので、来年もいい音に出会えますように、祈りつつ・・・

 

それでは、よいお年をお迎えください。

 

ミュージックライブラリを検索していたら、究極の海苔アルバムを発掘したでござる、の巻

f:id:yasudonok:20161125194501j:plain

ばんばんこー。音楽をおかずにご飯3杯食べられるおっさんです。

おかずといえば、食うに食えない「海苔」と言われる音源。まさか、自分のミュージックライブラリから「究極の海苔アルバム」が発掘されるとは思いもせず・・・

きっかけ

ツイッターのTL眺めていたら・・・

 

あれ?

 

 

 お、これは面白い・・・

 

 てなわけで自分も真似してみることに。

 

ミュージックライブラリから検索してみる

f:id:yasudonok:20161125202039p:plain

私のミュージックライブラリもジャズ・クラシックが中心。予想通りDR13あたりを中心に推移しているようです。DR値が大きいものは、落語がメイン。DR値の小さい、DR5以下のものも27枚ぐらいありました。

 

最小はDR3のこれだと思っていたのですが・・・

 

 

下には下があった。なんと驚愕のDR1

 

究極の海苔波形アルバム

そのアルバムは、これ・・・

 

イギー&ザ・ストゥージズ / ロー・パワー(旧邦題:淫力魔人)

商品番号:SRCS-8320
発売日:1997/05/21
発売元:(株)ソニー・ミュージックレーベルズ
JAN:4988009832098

 

Amazonレビュー

   イギー&ストゥージズ名義でロック・シーンに登場したイギー・ポップは、71年のグループ解散後、しばらく音楽活動から遠ざかる。解散の原因といわれるドラッグ中毒の治療が終了したあと、以前からイギーのファンだったデヴィッド・ボウイのバック・アップもありバンドを再結成。復帰第1弾となったのが、この『RAW POWER』だ。
   ステージの上で自分の身体にナイフでキズをつけるという自虐的なパフォーマンス(そのせいで、現在でもイギーの身体には無数の生々しいキズが残っている)が象徴するように、ひたすら暴力的、刹那的だったサウンドで有名だったイギーだが、本作では、彼の心の深淵が垣間見えてくるような、内省的な音作りへとシフトしている。表面的な衝撃度はなくなったが、作品を聴いた後に残る情感は果てしなく重い。ただ暴れまくることによる一時的なカタルシスを越え、本質的な怒りと孤独をまっすぐに表現しはじめた本作には、イギーのなかに巣くう危うさがはっきりと表れているのだ。彼のロック・アーティストとしての才能を引き出すことに成功したボウイのプロデュース・ワークも秀逸。(森 朋之)

 

 

まず波形。海苔波形&ほぼ全面でクリッピング・・・

f:id:yasudonok:20161125204143p:plain

 

うへっ、DR0の曲もあるよ・・・ずっと音量MAXということか・・・

f:id:yasudonok:20161125204514p:plain

 

 本人監修によるリマスタリング・・・恐ろしい・・・


メディア掲載レビューほか

1973年発売のアルバム『ロー・パワー』を、イギー本人監修によりリマスタリングして発表。 (C)RS

 

 

このアルバム、いろんなマスタリングのバージョンがあるのね。どうしてこうなった・・・

 

f:id:yasudonok:20161125205916p:plain

http://dr.loudness-war.info/album/list?artist=&album=Raw+Power+

 

カスタマレビューでも「これがロックだ」「凶悪な音」などと絶賛されている、その音を聴いてみましたが・・・

 

あかん、これ、ほんまに凶悪な音や・・・つんざくギター、ザラザラボーカル、耳が痛い。 ※個人的な感想です。

 

あれだ、むかし、技術の時間に作ったラジオを最大ボリュームで鳴らした音楽。でも、たまにハッとなる。うーむ、不快が深い

 

まあ、別な意味で楽しいかも。聴いて楽しんだもん勝ちですね。

 

それでは、ばいばいまーん。

 

「絶対テンポ116」をミュージックライブラリから検索してみた

おじゃましまんにゃわ~。音楽聴かないと手が震えるおっさんです。

f:id:yasudonok:20161112061843j:plain


ブログ投稿4回目。今回も前回と同様、自分のミュージックライブラリからテーマ決めて曲を紹介しますよ。


※前回のブログはこちら

yasudonok.hatenablog.com

今日のテーマは「絶対テンポ116」。

 

テンポ116とは?

片岡鶴八さん(片岡鶴太郎さんの師匠)の長男、片岡慎介さんという方が考案したそうです。


テンポ116とは?

www.viewsic-inc.co.jp

■「体内時計のテンポ」=「テンポ116」

 

太陽のテンポと月のテンポを数値化すると・・・


24時間(太陽の1日)÷24.8時間(月の1日)=0.967

 

太陽の速さを1とした場合、月の速さは、太陽よりも少し遅い0.967ということになります。

 

60秒×0.967=58.02(月のテンポ)

 

そして、振り子時計のように振り子が左右に動くカウントを2とした場合、太陽は1分間に120をカウントし、月は116をカウントする計算になります。

 

テンポ116ができるまで


http://www.viewsic-inc.co.jp/tempo/background.html

■「ベテラン」のテンポを発見
20年ほど前、環境音楽の一環として産業効果を高める為の音楽制作を依頼されたことがきっかけでした。
音楽制作をするにあたり、作業をしている一人一人の動きを撮影し、その人の作業リズムを解析していったのです。

その結果、初心者や中堅はその日によって数値にばらつきがありましたが、社内でも「ベテラン」と呼ばれる人の数値は常に安定していて無駄がありませんでした。

このような事を様々な業種で試したところ、業種は違っても「ベテラン」と呼ばれる人には共通のテンポがあることを発見したのです。

 

■テンポ116の効果
当初、この共通値を「偶然」という言葉で片付けていましたが、声明・心経・数え歌・木遣りなど音楽性のものから、イチロー、タイガーウッズなどスポーツ界の一流選手やベテランの職人まで、卓越した者だけが体得しているテンポというものがあり、それを無意識のうちに活用していることが調べていくうちに判明しました。

そしてそのテンポを意識的に活用すると、作業は効率よく安定し、楽にでき、脳波(特に右脳)も非常に良い波形を示すことがわかりました

 

他、適当にグーグル検索すると、色んなサイトで効能などがヒットしますが、なんか水素水と同じ匂いがしますよ・・・うーむ。

 

ミュージックライブラリから検索してみる

それでも頑張って検索してみます。

ミュージックライブラリの全CD音源からテンポが116の曲を検索してみました。

 

f:id:yasudonok:20161112061934p:plain


JRiver Media CenterというPC音楽プレイヤーソフトを使ってライブラリの曲単位にBPMオーディオ分析を行いました。

BPM - Wikipedia

BPM (Beats Per Minute. 音楽で演奏のテンポを示す単位。ビート・パー・ミニット)

 

f:id:yasudonok:20161112062004p:plain

 

邦楽


First Love/宇多田ヒカル

www.youtube.com

 

J.BOY/浜田省吾

www.youtube.com

 

ドリフのズンドコ節/ザ・ドリフターズ

www.youtube.com

 他は・・・

 

洋楽

ビリー・ジーン/マイケルジャクソン

www.youtube.com

 

ピアノマン/ビリージョエル

www.youtube.com

 

ラッキー・スター/マドンナ

www.youtube.com

 

マイ・ベスト・フレンド/クイーン

www.youtube.com

 

モーニン/アートブレイキー&ジャズメッセンジャー

www.youtube.com

 

 

まとめ・感想など

  • テンポ116は、産業効果を高める為の音楽制作の一環で発見されたよ
  • テンポ116は、月の周期を数値化したものだよ
  • なんで「絶対」なのか意味不明
  • テンポ116提唱者の片岡慎介さんは60代前半の若さで亡くなっているよ
  • 音楽プレーヤーソフトでテンポの解析ができるものがあるよ
  • BPM116のメジャーな曲が結構見つかったよ
  • BPM116、ゆったり落ち着けるテンポよりちょっと速いんじゃないかな
  • 若い宇多田ヒカルかわええ
  • 若いマドンナエロかっこええ

 

それでは、ばいばいまーん。

 

【追記】

「おじゃましまんにゃわ」でおなじみの「たつじい」こと吉本新喜劇井上 竜夫さん、10月に亡くなられていたのですね・・・ご冥福をお祈りいたします。

井上竜夫 - Wikipedia

 

「DR値の大きいアルバム」をミュージックライブラリから検索してみた

うらうらべっかんこー。音楽聴かないとアホになるおじさんです。

 f:id:yasudonok:20161106034213p:plain

ブログ投稿3回目。もうネタに困る有様。

どうしようかと悩んでいた先週の日曜の昼下り、ツイッターのTLを眺めていると
山下達郎のサンデー・ソングブック」「棚つか」の文字。

 

棚つか!そういう手があったか

山下達郎のサンデー・ソングブック - Wikipedia

TOKYO FMをキー局としてJFN系列で放送されている、ミュージシャン山下達郎唯一の出演ラジオ番組


山下達郎の個人コレクションを使って発信される日本最高のオールディーズ・プログラム

  • 棚からひとつかみ
    山下自身が保有するレコード棚の中からアトランダムにオンエア」される通称「棚つか」。

 


僕のミュージックライブラリに取り込んだアルバム枚数が、そろそろ1万枚に手が届く感じになってきました。ネットレンタルや廉価ボックスなど、あまりお金かけないでコツコツ集めてきたものです。で、僕も自分のミュージックライブラリからテーマ決めて何か紹介してみたら、何か面白い発見があるかもしれないと考えた次第です。

 

 ちなみに達郎さんって、CD、LP、シングル合わせて6万枚くらい持っているらしい。

 

一から集めたら30年ですよ!

マネするなんて非常におこがましい行為かもしれません。。。。

 

ミュージックライブラリから検索してみる

f:id:yasudonok:20161106034001p:plain

それでも頑張って検索してみます。

 

第1回目のテーマは「『DR値の大きいアルバム』をミュージックライブラリから検索してみた」。ミュージックライブラリの全CD音源からDR値の大きいアルバムを検索してみました。全アルバムにDR解析をかけるのは、結構骨が折れました・・・

 

DRの説明はこちらで・・・

yasudonok.hatenablog.com

DR値とは、もの凄く雑な説明をすると「アルバムの平均音量と最大音量の差を数値化」したものです。

以下のDRデータベースサイトでは、DR1~7は悪い、DR14以上を良い、としていますが、個人の好みもあるので一概に良い悪いは言えません。

Album list - Dynamic Range Database

 

 

・第1位

驚愕のDR値をたたき出したアルバムはこれ・・・

 

ミュージシャン:柳家さん喬

アルバム名:朝日名人会ライヴシリーズ10 柳家さん喬1~「片棒」「芝浜」

リリース年月日:2001年10月11日

規格番号:SICL-2

 フォーマット:CD

Official DR value:DR24

 f:id:yasudonok:20161106033425j:plain

DR24!? しかも、落語かよ!

そりゃそうですよね。無音部分があるからどうしてもピークとの差が激しくなります。しかも、まさかのクリッピング。さん喬師匠の落語は、CDに収まりきらないほどのダイナミックレンジ。生で数回聴かせていただきしたが、ほんとうに惚れ惚れするような、ええ声なんです。特に人情物、芝浜は泣けます。これはハイレゾ案件の予感・・・

f:id:yasudonok:20161106035648j:plain

 

DR20越えの落語アルバムは数多く見つかりましたが、他のジャンルでは見つけることができませんでした。

 

・第1位  (落語除く)

栄えある1位は・・・

ミュージシャン:ザ・ホレス・パーラン・トリオ

アルバム名:パノニカ

リリース年月日:2009年09月18日

規格番号:VQCD-10115

フォーマット:CD

Official DR value:DR19

 

f:id:yasudonok:20161106042556j:plain

1位はクラシックかなと思ったのですが、なんとジャズでした。ホレス・パーランというピアニストのリーダー作です。1981年にドイツで録音されたライブ物。

ちなみに、SHM-CDと呼ばれる「材質を良くしてピックアップの読取精度を高めた」CDでした。まあ、PCに取り込んでしまえば、CDの読取精度なんて関係ありませんが。

音質的には、たしかに色々な音が聴こえるのですが、ちょっとモニタ的な感じがしますね。このCDを気持ちよく鳴らすのは、ちょっと難しそう。

f:id:yasudonok:20161106042953j:plain

 

 

まとめ

  • 6万枚のアルバムを集めるには、年2,000枚ペースで30年
  • 僕のミュージックライブラリのDR値の最高は、DR24
  • DR20越えのアルバムは、すべて落語
  • 落語以外のアルバムの最高DR値は19、ジャズ
  • DR値が大きすぎても、いい聴感とは限らないかも

 

それでは、ばいばいまーん。