読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしい音楽依存

音楽に依存し過ぎる人の末路ブログ

ユーミンが三十年間に世に送り出したアルバムと、売上と、音質と。

まいどー。「音楽がないと死んでしまうの」方面の人です。

 

今回は、もうすぐニューアルバムが発売されるユーミンこと松任谷由実さんの、数十年の長きに渡り世に出されたアルバムについて、売上と音質の推移みたいなものを調べてみましたよ。

f:id:yasudonok:20161027071641j:plain

 

松任谷由実 - Wikipedia

きっかけ

古いユーミンさんのアルバムをたまたま入手。

 

 あまりにも好ましい音質だったので、他のアルバムはどうなのかと興味を持った次第。

準備など

CD登場以前から音楽活動されているユーミンさん。ベスト盤やライブ盤を除いた、オリジナルのCDアルバムをかたっぱしから集めてみました。

 

ただし、LPレコードのアルバムが先行されて発売されていた時期のCDや、1999年の一連のリマスターCDなどは除きました。

 

古いアルバム、かなり出回っているせいか、amazonで中古は1円+送料みたいなことになっていて、集めやすかったです。新し目のアルバムは、ネットレンタルなどを活用しました。

 

 

 

また、CDの売り上げについては、こちらのサイトを参考にしました。

アルバム売上記録

 

調査結果

アルバムの売上と音質の推移について、表とグラフにした結果がこちら。

 

f:id:yasudonok:20161027073727j:plain

f:id:yasudonok:20161027073816j:plain

 

f:id:yasudonok:20161027073832j:plain

 

 

 

 

DRとは

もの凄く雑な説明をすると「アルバムの平均音量と最大音量の差を数値化」しています。

DRは1~20で表されます。

 

最近のアルバムは、iPhoneなどの白いイヤホン向けに音量がずっと大きめに最適化されており、DR7以下のものが多いようです。

 

以下のDRデータベースサイトでは、DR1~7は悪い、DR14以上を良い、としていますが、個人の好みもあるので一概に良い悪いは言えません。

Album list - Dynamic Range Database

 

よろしかったら、前回のブログも参照してみてください。

yasudonok.hatenablog.com

 

考察っぽくない考察

ぼくがかんがえるさいきょうの、的な。

  • 2000年以降、売り上げもDRも急降下。過度なコンプはリスナー離れの一因かも
  • かといって、DR16みたいな過度なダイナミックレンジも楽しく聴けないかも
  • ポップスのDR値の最適値は11~13あたり?

 

おまけ

 アルバム集めでやらかしてもた・・・

 

うがぐぐ。初回盤と通常盤の音量も違う場合もあることも、あわせて判明。

新アルバムはどうなのだろう。いろんなフォーマットで出るみたいですけど。

 

なにはともあれ、楽しみですねー。

 

それでは、ばいばいまーん。